日本プロレス時代からのパンフレット

貴重なパンフレット
貴重なパンフレット

アンドレのシューズ

大きさを、分かりやすくする為、

デビュー当時の山田恵一のシューズと

比較しております。

 

 

両足は揃わず、片足のみ。

相棒を発見するのはプロレス美術館の永遠のテーマ。

閉館までになんとか発見したいと願っています。

情報をお持ちの方はぜひお知らせください。

シューズは傷も無く新しい頃のもの
シューズは傷も無く新しい頃のもの

 

アンドレ・ザ・ジャイアントが実際に

このシューズを履いている写真を発見。

この写真のは、まだ当館に展示前の新しい頃で、

キズも無く美しいです。


 


獣神サンダーライガーのコスチュームは本人使用済み

これは平成3年春、新日本プロレスのファン感謝デーのチャリテーオークションで落札したもの。場所は後楽園ホールで、このオークションの司会者は山本小鉄さんだった。当美術館に展示後、テレビ東京の「お宝鑑定団」に出品。鑑定額は7万円だった。低価格だった理由は。ボクがこのコスチュームを着てしまったためだとか。

マスク色々

ミル・マスカラスの金ラメマスクは昭和53年のもの。

マスカラス初生観戦時にアクシデントに巻き込まれた、

良くも悪くも思い出の一品。

マスカラスがリングに登場した際、ファンサービス用のオーバーマスクを投げるが、これを追って数人で取り合いになり、隣のファンと顔面をぶつけあい、僕の歯が折れてしまった。

これが流血となり、あわてて係員が飛んできた。 試合が開始されるにも関わらず、ぼくは医務室に強制的に連行されたのであった。傷の手当てを受け席に戻ろうとした頃にはマスカラスの試合はもう終わっていた。ああ残念!

だが、ここで、衝撃的なことがおこった。なんとマスカラスが主催者を通じて、「試合の観れなかった少年に」と本物のマスクをプレゼントされたのであった。

 

他にもレアなマスクが多数展示。

かぶって写真も撮れます!

力道山時代の切り抜き

昭和30年代からの新聞の切り抜きを多く保存しています。

力道山の死去当時の関連記事から、昭和50年代の新日本プロレスブームの頃の記事を保存しています。

昭和46年12月 アントニオ猪木と倍賞美津子さん結婚        その披露宴の引き出物を当時の参列者が当館に寄贈して下さった逸品

有刺鉄線バット&五寸釘ブラシ

実際にリング上で使用された凶器も隠さず、公開しています。

なお、写真撮影も現品に触れる事も可能です。

 

次のページへどうぞ

珍品発掘です。

旧全日本プロレス協会(現在の全日本プロレスとは無関係)で使用されていた優勝盾とトロフィーです。
所属レスラー(故人)のご家族の方からのご連絡で、お預かりさせていただいております。
ご家族の方の話では、「父(上記の活躍されたレスラー)の形見として、50年以上、ご自宅で保存されていた」とのことですが、当時の様子は、父から全く知らされておらず、情報はありません。とのことでした。
しかし、現物が当時のものであることは事実です。
正直なところ、あまりにも時代がかけ離れ、調査の方法がありません。写真を見て頂き、何かをご存知の方はぜひお教え下さい。よろしくお願いします。

ご案内

開館当初より、随時の予約開館を続けて

きましたが、

諸事情により、ひと月に1〜2回程度の

定期開館にさせて

頂く事になりました。

(開館日は、このページ

にてお知らせします)

尚、ご遠方で京都旅行や

出張にて短期間の間のみ京都へおいでの方は

事前にご相談下さい。可能な限り対応させていただきます。


次回開館日